1/16 1月後半のウィンドーより

本日も冬らしい寒波で底冷えのする東京・鏑木分店です。

前回ブログでお知らせいたしました当舗当主が取材を受けたテレビ番組、
ひょっとしてごらんいただけましたでしょうか?
番組を見て「うちの近所だわ」と思い出して下さったお客様のご来店があり、
ロケに同席していたスタッフが大変喜んでおりました。
ありがとうございました!

さて、気が付けば1月は半ばを過ぎました。
ちょっと前にはお正月だったなんて思えないほど、日常はどんどん流れていきます。
そんな流れの中にあっても、良い器を見る瞬間はゆっくりと過ぎるような気がします。

1月後半のウィンドーの中央を飾るのは古九谷花鳥柄の菱形刺身皿と小付です。
菱形というあまりない形の器に、黄色と緑の塗り分けが九谷らしく、
中に描かれた花鳥が華を添えています。
その奥に置かれた三ツ井為吉の山水図宝尽し飾り皿とも相性は抜群。
眺めていると、九谷の深い色に引き込まれるようです。
どうぞお手に取ってご覧になってくださいませ。

東京・鏑木分店では、皆様のお越しをお待ちしております。

»

コメントをどうぞ

CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Copyright © 2012 九谷焼 鏑木商舗 All Rights Reserved.