☆参勤交代の旅 3日目

今日は新井から牟礼を過ぎ、善光寺までは約60km程度。
1日目、2日目と、距離を稼ぐため自転車を多く使いましたので
3日目は自転車を使わず徒歩で頑張ります。

参勤交代の旅 参勤交代の旅

午前9時半頃にホテルを出発。ホテルの裏にある高柳陣屋跡に立ち寄り、
そこから北国街道の旧道に入りました。
今回の旅では、アクタスに掲載されていた長谷川先生の記事を元に色々なスポットを
見聞していますが、新井の上町にあるはずの信濃屋薬局が存在しません。
近所の方に伺ったところ、2年前の大雪で倒壊してしまい、取り壊して住宅を新築したとの事。
少し残念な思いもありましたが、そのまま二本木へ向かいます。

新井から二本木までは約5km。自然も多く空気も美味しい!
雨のお陰で樹木が輝いています。もちろん歩くには晴れていた方が良いのですが。

二本木の駅から関山までは約10km。
神明神社の階段を50段ほど駆け上がると、境内には石碑がありました。
文政十丁~と書いてありましたが良く分かりません。しかし文政といえば鏑木商舗が文政5年に
創業していますので、何かしら時代の繋がりを感じています。

しばらく進むと眼下には段々畑が広がっています。雨も小康状態となり、ミストシャワーのように気持ち良いです。
白山神社でお参り。やはり加賀藩に由来のある神社なんですね。
100メートル先には前田家の娘さんが宿泊したといわれている安楽寺があります。
先を急ぎたかったので中には入らず、建物の外観を眺めて次へと進みました。
安楽寺から関山の交差点までは、それといったスポットがありません。


関川交差点を600メートルほど歩くと関山神社がありました。見た目にも非常に立派な神社です。
神社の隣には自然遊歩道もありましたが、天候の悪さと時間が足りないので断念。先を急ぎます。

関山神社に立ち寄った後は、その近くにある食堂でランチ。
店主におすすめメニューを聞いたところ、ほぼ全員が味噌ラーメンを頼むそうです。
しかしトラックの運転手も多く利用しているため、味噌ラーメン以外にも
定食メニューもチカラを入れてます!との事で、2人ともラーメンよりゴハンが
良かったので、自分はトン汁定食とホルモンを食べ、辻やんはカツ煮定食を頼みました。
おかげでスタミナアップ!

ここで辻やんと別れ、関川の関所を目指します。上り坂が続き、けっこう大変です。
自転車は車の中にあるので、ひたすら歩くだけ。車なら10分とかからないのに…。

---その後

国道18号から妙高高原駅側に入り、しばらく歩くと国宝の大杉がそびえ立ち、
その周りには子供たちが集い、みんなで仲良くピース。
ここの子供達は行儀が良い!むこうから「こんにちは~」と挨拶。
大杉について説明してくれたり、旅の話にもウンウンと耳を傾ける。うれしい。

近所の商店では頭の良さそうな黒のラブラドールとキュートなおばちゃん。
そして、おばちゃんにお願いしてラブラドールとツーショット。
体はボロボロですが、心はリラックスできました。

関川の関所には、参勤交代に由来した展示物も多く、なぜかリアルな蝋人形も数体ありました。
驚いたのは、人形に近づくとセンサーが反応し、説明が始まります。
あとで追い付いた辻やんは思いっきり驚いていました。リアクションが大き過ぎです。


関川から野尻湖方面へと向かい、小林一茶の旧宅を通過して牟礼宿に向かいます。
しかし、牟礼の手前で辻やんが痛恨ミス。コースを1本間違えてしまい大きくタイムロス。
それを補うべく、急いで戻り、宿の跡地であると記載してある看板を撮影しました。
途中、何度か道を聞いたのですが、参勤交代の話となると顔が緩み、色々と話してくれます。
「小玉の石碑は見たのか?」とか、「金沢から来たのかい?」などと話が止まりません。

この段階で6時を過ぎていましたので、とにかく先へと進みます。
善光寺まで約25km。ここからは下り道が続くので一気に駆け下りたいのですが、
下り坂の手前には登り坂が付き物。自転車を引いて歩くので非常に大変です。

坂の頂上を抜けると急カーブの多い下り坂。自転車で一気に駆け下り、
7時半過ぎには無事に善光寺へと到着。その間、そのまま辻やんはホテルに向かいます。
善光寺に到着しましたが、今年一杯は工事中のようです。夜だったので善光寺へは
明日の早朝、辻やんと一緒に自転車で見学してきたいと思っています。

明日の予定ですが、碓氷峠のふもとである軽井沢まで向かいます。

 

Copyright © 2012 九谷焼 鏑木商舗 All Rights Reserved.