九谷焼と氷室饅頭

きょう7月1日は氷室の日です。

「氷室」とは江戸時代に始まった初夏の行事です。
7月1日に加賀藩が氷室に貯蔵していた氷を、幕府に献上していたそうで、
この日に麦饅頭を食べて夏場の無病息災を願った習慣が現在まで続いています。

金沢では、この日になると職場で、家で、必ず何個か氷室饅頭を食べます。
本当にただの酒まんじゅうなのですが、ふわっと香るシンプルな味わいは何個でも食べられる美味しさです。
デパ地下では主婦が列をなし、スーパーでは売り切れ続出。
思えば不思議な風習ですね。

氷室饅頭はあまり飾り気のないものが多いので
九谷焼の菓子鉢にもよく合います。
今年は「山本長左作・芙蓉手宝寿文菓子鉢」を使ってみました。
繊細で上品な染付によく合い、夏らしい涼やかさがありますね。

九谷焼のお求めは鏑木商舗ネットストアからどうぞ。

»

コメントをどうぞ

CAPTCHA Image CAPTCHA Audio
Refresh Image

Copyright © 2012 九谷焼 鏑木商舗 All Rights Reserved.