★裏方日記 6日目 最終日

いよいよ今日で最終日となりました。
現在、北浦和のネットカフェでコソコソと日記を書いています。
1時間ほど日記を更新したら、また東京に向けてクルマを走らせます。

———-その後———–

テレビ金沢の方から羽田に到着したと連絡を受けました。
自分もネットカフェを出て、東京方面に向かいたいと思います。
途中、テレビ金沢の方を拾い、鏑木さんを追いかけたいと思います。

———-その後———–

わらび宿で撮影後、巣鴨経由でゴール地点までは大変でした。
交通量も多く、一方通行なども多く、まともなサポートなんて無理ですね。
「あと何キロ?」「この道で正しいの?」なんて電話が鳴るのですが、自分も東京の地理に
弱いので右往左往。残り15kmを切った頃からカーナビも正しい位置を表示しなかったり
自分も迷子になりそうでした。機械に頼りすぎるとダメですよね~。

巣鴨の手前、板橋に前田家の下屋敷跡があったのですが、その前にある商店街で
鏑木さんが辿り着く前に少しリサーチ。自転車屋のおじいさんがいたので色々と話を聞いていると、
「ここの屋敷は戦時中に武器庫として使われたし、今じゃ跡形も残ってないよ」なんて言われました。

やっとゴールしましたが、あまり実感がなかったです。自分の場合、日記の更新作業など
色々と仕事が待っていたので…。それに赤門は暗いし、路上にクルマを駐車していると
何度も警察官に睨まれるし、「はやくココから離れたい!」という気分でした。

ゴール後は8km離れた麻布十番まで向かい、韓国料理店で打ち上げのビール!
ビールの後に韓国焼酎を1本頼んだのですが、ほとんど鏑木さんが飲んでしまい、
緊張から解放されたのかベロベロ状態でしたね。翌朝聞いたところ、部屋に戻り
気がついた時には朝だったとか。

——-感想——-

大変だったり、面倒だったり、色々な事がありましたが
クルマも故障せず、鏑木さんも怪我をせず、無事に東京まで辿り着いた事に対し驚いています。

正直、まだ実感がありません。ただ、もう旅をせずに済むという事だけ。
4日には金沢に戻る予定ですので、また通常の生活に戻ります。

※実は、旅が始まる数日前から仕事の依頼が殺到していたので、旅から戻ったら
きっと鬼のような仕事の山が待っているんだろうなぁ…。

裏方さん日記 —07/07/02

 

Copyright © 2012 九谷焼 鏑木商舗 All Rights Reserved.